脱毛サロンとクリニックの施術の違い

脱毛サロンとクリニックの施術の違いとは

脱毛サロンとクリニックの施術の違い 脱毛サロンとクリニックでの施術の違いは、主に脱毛に使われる機器の出力にあります。
脱毛サロンは医療機関ではないため、安全性の高い光脱毛機器を使った施術が多く見られます。
クリニックで主に用いられる医療用レーザーと仕組みは同じで、皮膚の表面に光を照射することで、肌の奥の毛根に熱エネルギーを集め、毛を生育する細胞そのものにダメージを与えます。
肌質などによっては、熱エネルギーで火傷などの症状が出ることがあります。
医療従事者がいるクリニックが出力が高めの機器を使用できるのは、すぐに適切な対処を行えるからです。
脱毛サロンは脱毛効果がマイルドなものの、皮膚への負担が少ないのが特徴です。
美肌効果があるタイプなど、付加価値を期待できるのも脱毛サロンの施術の魅力と言えます。
また、常に医者や看護師などは常駐していませんが、医療機関と提携しているサロンが多く、もしも皮膚にトラブルが生じても迅速に対応できる仕組みです。

脱毛サロンとクリニック(医療脱毛)の違いとは?

脱毛サロンとクリニック(医療脱毛)の違いとは? 脱毛サロンとクリニックの違いの根本的なところは、それが医療施術かどうかといったところに尽きます。
例えば脱毛サロンではワックスにムダ毛を付着させてそれを勢いよく引き抜く施術や、あるいは特殊なジェルを毛穴から浸透させて毛根に直接触れることでダメージを与える施術や、さらにはフラッシュやレーザーを使った施術が存在します。
これらはすべて医療施術ではないので、クリニックほどの高い脱毛効果を得ることはできません。
その代わりに手頃な料金で、様々な肌コンディションやニーズに沿った施術を選択することが可能です。
一方のクリニックは医師の手による医療施術であることから、例えば医療レーザー脱毛であってもその出力が極めて高く設定されます。
医師の目が及ぶことからその出力で照射することが許されているのです。
そのため毛根へのダメージ効果も高くなり、一度照射するだけでもかなりの脱毛効果を得ることができます。
また、クリニックでは万が一にも肌トラブルに陥った時にすぐに医師が診療、診察、治療を行うことができるメリットもあります。
ただし、その分、医療施術であることから費用は高額となりますので、脱毛サロンに比べると財布へのダメージ大きなものとなるのは確かです。

新着情報

◎2019/11/27

脱毛サロンで全身脱毛コースを利用
の情報を更新しました。

◎2018/10/18

利用できる年齢制限があるのか
の情報を更新しました。

◎2017/11/27

前日に行なう準備
の情報を更新しました。

◎2017/7/31

ワキ脱毛って痛いの?
の情報を更新しました。

◎2017/5/26

それぞれのメリット・デメリット
の情報を更新しました。

「脱毛 皮膚」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/hanqe3wt/artboxanimation.com/hihu.html on line 1

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E8%84%B1%E6%AF%9B%E3%80%80%E7%9A%AE%E8%86%9A): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/hanqe3wt/artboxanimation.com/hihu.html on line 1