脱毛サロンとクリニックの違い

脱毛サロンとクリニックの違いは?

脱毛サロンとクリニックの違いは? 自身での脱毛処理ではなく、脱毛を専門に提供している脱毛サロンやクリニックを利用して、脚や腕、デリケートゾーンや全身を脱毛したいとお考えの方がいらっしゃることでしょう。
そして、脱毛サロンとクリニックの違いがわからないため、どちらで脱毛の施術を受けたら良いか悩んでいる方が多いといいます。
大きな違いは、脱毛機器の種類やその機器を使用して施術を行うスタッフになるでしょう。
クリニックでは、照射パワーの強いレーザー脱毛機器を用いて、医師が施術を行っていきますので、万が一肌トラブルが起こったとしても直ちに対応をしてくれますので安心感があるでしょう。
一方の脱毛サロンでは、照射パワーが比較的緩めの脱毛機器が使用されるものですから、エステティシャンと呼ばれる技術や知識を習得したスタッフが、脱毛の施術にあたっています。
また、通う回数にも違いがみられますが、脱毛サロンでも医療機関と連携して肌トラブルに対応しているところがありますので、無料でのカウンセリングを受けられて選ばれてはいかがでしょう。

「脱毛サロンVSクリニック」それぞれのメリット・デメリット

「脱毛サロンVSクリニック」それぞれのメリット・デメリット 脱毛する場合、脱毛サロンとクリニックのどちらかを選びますが、脱毛サロンVSクリニックでそれぞれにメリットやデメリットがあるため自分の合った方を選ぶと良いです。
脱毛サロンVSクリニックは施術の際の機器の違いです。
脱毛サロンでは光脱毛で、クリニックでは医療レーザー脱毛になります。
光脱毛は出力が低い機器を使うため痛みは殆どなく、施術後には独自に開発したローションなどでのアフターケアがあるので脱毛だけではなく脱毛後の肌もキレイになるのです。
クリニックでは医療レーザーを使っていますが、出力が高く脱毛効果も高いのですが、輪ゴムで弾く程度の痛みを感じることがあります。
クリニックは医師がいるため麻酔をすることも可能で、万が一肌トラブルが発生してもすぐに処置や薬の処方をしてもらえます。
料金はサロンでの光脱毛は比較的安価で気軽に始めることができますが、効果を実感するまでには施術に通う回数はクリニックよりも多く、レーザー脱毛は高額ですが、光脱毛よりも広範囲に施術ができるため回数も光脱毛よりも少なくなります。
そのため、1回の施術料金はサロンが安いのですが、トータルで考えるとどちらも同じ料金かクリニックでのレーザー脱毛が安くなる場合もあるのです。